開運の方位学 Nine Star Ki Astrology

宛名・年賀状印刷ソフト「プリントマジック」無料配布中

FAQ Frequently Asked Question

よくある質問に対する回答を記載しました。

Q1.気学によって、何を占う事が出来ますか?
Q2.本命、月命ってなに?
Q3.方位は本命で鑑定するのでは?
Q4.このサイトでは本命や月命が実際の誕生年や誕生月の前年や前月になってますが・・・
Q5.星はどのように動いているのですか?
Q6.0歳〜7歳の記載がないのですが?
Q7.色わけはラッキーカラーなの?
Q8.「星」とあるが天体と関係はあるの?
Q9.なぜ9星なの
Q10.良い方位って距離はどのくらい?
Q11.方位は360度÷8方位なので45度?
Q12.干支ってなに?
Q13.傾斜法?
Q14.傾斜法について見方がわかりません。ちなみに1981.3.21生まれなのですが。
Q15.同会法?
Q16.同会法についてもう少し詳しく知りたいのですが。
Q17.吉方位は毎日かならずありますか?
Q18.今日行きたい場所が吉方位に取れない場合にどうしたら良いでしょう?
Q19.今日のラッキーナンバーが1〜9までしかありませんが・・・
Q20.本命星に暗剣や破れがつくなど運気がかなり悪いときの吉方位への旅行や引越しは?


Q1.気学によって、何を占う事が出来ますか?

A.以下のように鑑定の範囲や判断は広く応用できます。

  経済や産業など社会問題の良否を占う
  テロや紛争など諸国問題の良否を占う
  人の一生涯を通じての運命を占う
    (結婚・就職・健康・金運・ビジネス・事業経営などの判断)
  人の毎年・毎月・毎日の運勢を占う
  移転や旅行,会社設立の際の方位の吉凶を占う
  天変地異の予測を占う
  家相・方位の吉凶を占う
  地相・開拓の吉凶を占う
  人と人との相生の可否や縁を判断する
  人生の展望への道筋や指針を導き指導する
  進んで開運方位をとり弱運を強運にする

具体例
T結婚判断や恋愛の相手について
  出会った相手はどんな人か知りたい
  相性の良否
  恋愛を成功させるには
  結婚をまとめるには
    ア、諸事情で婚期が遅れまとめたい、他
    イ、見合い、交際、結納、日取りの選び方
  子宝に恵まれない
  夫婦仲を良くしたい
  夫・妻の浮気問題
  離婚問題
  内縁問題
  不倫問題
  嫁姑の悩み

U進路
  就職先が決まらない
  受験問題
  資格を取りたい、他

V仕事
  求職・求人問題
  事業を成功させたい
  名誉を得たい
  出世したい
  当選したい
  取引先を多く得たい
  交渉ごとをまとめたい
  裁判問題、他

W株式
  年・月の象意があらわす見方
  購入株と利潤を得る時期 など他

X家相
  吉相・凶相の判断
  改修したい場合
  風水対応策 など他

Y健康相談
  健康になりたい
  病気入院・手術などの病院選び
  転地療養、他

Z不動産鑑定
  土地購入の際
    ア、居住のために新築
    イ、会社・店舗の建設
    ウ、別荘の建設
    エ、利殖を得るためのマンション建設 他

[金運・財運を得る
  金運向上の祐気の使い方
  一年の月別金運対応策 など他

\その他
  性格を変えるには
  老後の問題、他

このページの先頭に戻る


Q2.本命、月命ってなに?

A.生まれた年を本命。生まれた月を月命と称します。

このページの先頭に戻る


Q3.方位は本命で鑑定するのでは?

A.26歳未満は月命を重視した方位鑑定が必要です。

たとえば本サイトでは以下の2通りに大別し毎日の吉方位を算出しています。
26歳未満は月命を重視した吉方位。
26歳以上は本命を重視した吉方位。
高齢社会を迎え社会情勢に合わせて26歳〜50歳でも月命・本命の両方を重視した鑑定をするのも一案です。

本命星と月命星の各ページで年齢別で2つの方位を表示しているのは、ブログパーツやCGIから生年月日を入力された場合は問題ないのですが直接ページにこられた方にも年齢による吉方位を見ていただくためです。

このページの先頭に戻る


Q4.このサイトでは本命や月命が実際の誕生年や誕生月の前年や前月になってますが・・・

A.気学での最も大切なポイントである生まれ年(本命)・生まれ月(月命)を知るための暦の読み方を説明します。

通常は1年は1月1日に始まり12月31に終わります。 ところが気学では算出基準となる年月は旧暦によって考えられています。

年の九星の繰り方(本命)

旧暦では2月の立春(節分の翌日)から1年が始まり、翌年の2月の節分に終わります。 なので1月1日〜2月節分の間に生まれた人は前年として取り扱います。

月の九星の繰り方(月命)

さて、旧暦の月は二十四節気のうちの月初めの二十四節気(正節)から始まります。

2008年の正節日
一月    : 立春(2月4日)
二月    : 啓蟄(3月5日)
三月    : 清明(4月4日)
四月    : 立夏(5月5日)
五月    : 芒種(6月5日)
六月    : 小暑(7月7日)
七月    : 立秋(8月7日)
八月    : 白露(9月7日)
九月    : 寒露(10月8日)
十月    : 立冬(11月7日)
十一月 : 大雪(12月7日)
十二月 : 小寒(1月5日)

たとえば2月3日に生まれた年の立春が2月4日であれば前年生まれになり、生まれ年の立春が2月3日だった場合はその年に生まれたことになるのです。
月の場合でも2月の立春から3月の啓蟄の前日までを2月とします。 同様に3月の啓蟄から4月の清明の前日までが3月とします。
立春、清明などは暦を見ればわかりますが、詳しくは見出しの生年月日対応表をクリックして自分の生まれた月が何月になるのかを確認してください。
それぞれがみなさんの命運となる星で、これにより様々な判断をする基準とします。
(尚、正節日は天文計算で求められ実際に太陽黄経が特定の角度になる瞬間の属する日をいいます)

日の九星の繰り方

陽遁(順旋)・・・冬至(12月22日前後)のいちばん近い甲子の日から
陰遁(逆旋)・・・夏至(6月22日前後)のいちばん近い甲子の日になる

陽遁の始まり(甲子一白) → 陽遁の終わり(癸亥九紫)
陰遁の始まり(甲子九紫) → 陰遁の終わり(癸亥一白)

陽遁・陰遁は癸亥・甲子をさかいめとします。
ただし例外の年もあります。
    1.陽遁終わり(癸巳三碧)陰遁始まり(甲午三碧)
        昭和3年・昭和26年・昭和49年・平成9年・・・6月22日前後
    2.陰遁終わり(癸巳七赤)陽遁始まり(甲午七赤)
        昭和14年・昭和37年・昭和60年・平成20年・・・12月22日前後

古代中国の季節は天文学と密接な関係にあり、毎日、南中時に影の長さを測ることより知ることにより始められます。二十四節気は、農作業などの目安にするため古季節を示す基準です。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらに6分し24期間の始まりの日のことを指します。寒冷な黄河上・中流域の気候が基準なので日本と季節は異なります。

このページの先頭に戻る


Q5.星はどのように動いているのですか?

運行図A.星の運行の順序は図のように

1中央から開始し

→2西北(戌亥の座)→3西(酉の座)

→4東北(丑寅の座)→5南(午の座)→6北(子の座)

→7西南(未申の座)→8東(卯の座)→9東南(辰巳の座)

→中央に戻ります

 

このページの先頭に戻る


Q6.0歳〜7歳の記載がないのですが?

A.0歳〜7歳は親の庇護のもとで生活をしているため、むしろ幼児に悪い方位の詳細を明記しています。

今回0歳から7歳までは幼児に悪い方位とし、(鑑定家により10歳、12歳など年齢説は別れますが、筆者は小学校入学時の頃という判断材料)良い方位は 、年齢から親の庇護のためもたないと判断します。
ただし養子縁組みなど、子供が単独で動く場合は子供にとり良い方位を鑑定する必要性があります。なお、転居など親がいかに良い方位であっても、幼児に悪い方位を無視して動いてはいけません。

なお個別鑑定では、幼児は0歳から7歳までは幼児に悪い方位とし、(上記参照。)青少年期は月命がその人生に大きく関わるため。青年期においては本来、本命と月命の両星の観点から判断をしています。高齢社会になり平均寿命が伸びた現在では36歳〜50歳でも本命と月命での鑑定をしています。

また高齢化社会のため熟年や以降の老後に関しても、社会進出や縁談などが増えており、活躍されるお年寄りが増えつつある昨今、体調別に鑑定するなど、さらに詳しい区分けの必然性が高まっており 、検討する必要性を熟慮しています。

このページの先頭に戻る


Q7.色わけはラッキーカラーなの?

A.ラッキーカラーと判断する説もあります

九星の根源は洛書の図であり、九星の語源はインドを含む古代オリエントにその思想が発達しています。日・月・火・水・木・金・土の七曜に、 羅喉星・計都星を加えたものです。
中国の三元九星学はこれとは別の形で発達したのですが、その占星的な考えのなごりであるという点は考えられます。また太陽光線が含有する七つの色から出ていると言った説があります。
一説では生まれた星に決まった色彩があり、場合によりラッキーカラーと判断する事があります。

このページの先頭に戻る


Q8.「星」とあるが天体と関係はあるの?

A.西洋占星術では天文の星を対照にしていますが、九星は文字が共通しているのみで特定の惑星の名称や運行との関係はありません。

このページの先頭に戻る


Q9.なぜ9星なの

洛書A.中国古来の洛書の図から、気学1〜9の数字の基本構成が出来ています。

科学の世界は数理の世界であり整然と秩序正しく配置されています。気学の根本数の考え方も特定数が一定の配列されるアルゴリズムを基本としています。

余談となりますが、霊的洞察力や知的教養の広さを備えた天才たちは、自然科学、数学、物理学、自然哲学、文学、宗教などあらゆる分野にいます。
ドイツ皇帝ルドルフ2世の占星術師であったヨハネ・ケプラーは楕円運動を基本とする天体論で近世自然哲学を書き換えてしまいました。
ピタゴラス教団の数の理論は「数は宇宙におけるあらゆる比率、秩序、調和を生みだす原理になる。」であり「学問としての数学」の基礎がきずかれることになりました。
カトリック宗派は「父と子と精霊を三位一体としこの3に東西南北の4を足し7とする」と唱えます。
聖書を神秘主義的に解釈し運命解読ができると称する暗号解読法、数秘術カバラでは7は完全な数とされています。
ニュートンは「4の数にぶつかるといつも解明できないものにぶつかる」といいます。
ヒッポクラテスは「自然の調和は神々が知る自然の数理」といいます。
アインシュタインは「科学の世界に挑戦し神(自然)の偉大な力を認めざるを得ずこの力は数で表現せねばならない」といいます。
占星術に傾倒したメンデレーエフは元素の周期表を発見しました。

東洋思想の天・地・人三才に陰陽二元を分かつ思想は六つの世界を説いていますが、これは東西南北に天と地を加えた六であり三次元の世界構成になり、光と空気、食物と時間とこれらに火・水・土を加えると9になります。

自然界に生息する動物の中に亀の甲羅の六面、くもの巣の六角などこれらも数理を具現化しています。この6に高さ・幅・奥行きを足した9の数理が万象の根元に働くのと考えられています。

人類は、自然界に潜む特定の数の配列に意義を見出し、法則を生み出し発明・発見の原動力としてきました。

このページの先頭に戻る


Q10.良い方位って距離はどのくらい?

A.200〜300メートルの移動でもその象意が出て来ることが多くあります。

このページの先頭に戻る


Q11.方位は360度÷8方位なので45度?

四正・四隅の図A.45度ではありません。

東・西・南・北の範囲を30度に定めて「四正(しせい)の方位」といい 、 東南・南西・西北・北東の範囲を60度に定めて「四隅(しぐう)の方位」といいます。


 

 

このページの先頭に戻る

Q12.干支ってなに?

A.干支は干と支が結びついて日を数えるのに用いられていました。

生まれ年の干支(年干支)は各人の性質もあらわしています。平成19年は暦で丁亥二黒土星の年です。この丁(ひのと)は十干のひとつ、亥は十二支のひとつです。

このページの先頭に戻る

Q13.傾斜法?

A.生まれ月盤から【性格】の運命の全貌が見えてくる鑑定方法です。

このページの先頭に戻る


Q14.傾斜法について見方がわかりません。ちなみに1981.3.21生まれなのですが。

A1981.3.21生まれのあなたは、本命一白水星、月命七赤金星ですので【表A】から一・七を見つけていただきます。傾斜の欄から艮宮傾斜ということになります。【表B】から艮宮傾斜は八白土星の作用を受けていることがわかります。なおここでは傾斜法の性格のみを記載しています。

【表A】 傾斜及び特殊傾斜一覧表
種類 本命・月命
坎宮傾斜 一・五、二・六、三・七、四・八、五・九、六・一、七・二、八・三、九・四、九・九
坤宮傾斜 一・四、二・五、三・六、四・七、五・八、六・六、六・九、七・一、八・二、九・三
震宮傾斜 一・三、二・四、三・五、四・四、四・六、五・七、六・八、七・九、八・一、九・二
巽宮傾斜 一・二、二・三、三・三、三・四、四・五、五・六、六・七、七・八、八・九、九・一
中宮傾斜 五・五(さらに男性は兌宮傾斜・女性は乾宮傾斜の欄を参照)
乾宮傾斜 一・九、二・一、二・二、三・二、四・三、五・四、六・五、七・六、八・七、九・八
女性の五・五
兌宮傾斜 一・八、二・九、三・一、四・二、五・三、六・四、七・五、八・六、八・八、九・七
男性の五・五
艮宮傾斜 一・七、二・八、三・九、四・一、五・二、六・三、七・四、七・七、八・五、九・六
離宮傾斜 一・一、一・六、二・七、三・八、四・九、五・一、六・二、七・三、八・四、九・五

【表B】 定位盤と傾斜配置表
乾宮傾斜(六白金星) 坎宮傾斜(一白水星) 艮宮傾斜(八白土星)
兌宮傾斜(七赤金星) 中宮傾斜(五黄土星) 震宮傾斜(三碧木星)
坤宮傾斜(二黒土星) 離宮傾斜(九紫火星) 巽宮傾斜(四緑木星)
 

このページの先頭に戻る

Q15.同会法?

A.【未来】を予測する鑑定方法です。

このページの先頭に戻る


Q16.同会法についてもう少し詳しく知りたいのですが。

A.年、月、日、時の四つの各盤をつくり、それぞれを複合させて自分の本命星が定位盤のどの宮に同会(廻って)しているかを見て、現在の状況や来月、あるいは数年後などの予測をする方法です。

同会には

  後天定位盤と年盤と同会
  年盤と月盤と同会
  月盤と日盤と同会
  日盤と時盤と同会

の4通りがあり、 定位盤のどの九星と、どの宮で同会しているかで未来を予測します。

たとえば一白水星の人の場合ならば、最初に【表A】の年盤を見ます。巽宮に回座していますね。
つぎに【表B】の定位盤を見ますと同じ巽宮には四緑木星があります。ですので四緑同会ということになります。
二黒土星の人ならば本年(H19年度)は中宮に回座しているので中宮同会となります。

【表A】 平成19年度の年盤
三碧木星(乾宮) 七赤金星(坎宮) 五黄土星(艮宮)
四緑木星(兌宮) 二黒土星(中宮) 九紫火星(震宮)
八白土星(坤宮) 六白金星(離宮) 一白水星(巽宮)

【表B】定位盤
六白金星(乾宮) 一白水星(坎宮) 八白土星(艮宮)
七赤金星(兌宮) 五黄土星(中宮) 三碧木星(震宮)
二黒土星(坤宮) 九紫火星(離宮) 四緑木星(巽宮)

なお年ばかりでなくその月、日により星が運行しますからそれぞれ自分の本命が回座している宮を見て判断します。
たとえば平成19年4月度【表C】で判断するならば本命七赤金星の人は、4月の暦は本命が東に入り東は震宮の三碧木星の定座で三碧同会と判断します。

【表C】平成19年4月の月盤( )内は定位盤
一白水星(六白金星) 五黄土星(一白水星) 三碧木星(八白土星)
二黒土星(七赤金星) 九紫火星(五黄土星) 七赤金星(三碧木星)
六白金星(二黒土星) 四緑木星(九紫火星) 八白土星(四緑木星)

このページの先頭に戻る

Q17.今日の吉方位は毎日あるのでしょうか?

A.吉方位がないという日もあります。

悪い方位を消去して最終的に残ったのが良い方位と言う判断になります。
悪い方位とは、このサイトでは九大凶殺方位と呼んでいます。
(他にも定位対中など他にも悪い方位がたくさんあります)
毎日の吉方位ですから、歳破、月破は除いており七大凶殺の方位は必ず避ける必要があります。
ですので吉方位がないという日も出てきます。

詳しくは「不幸を呼ぶ大凶方位」をご覧ください。

開運のブログパーツの吉方位算出アルゴリズムは入力された生年月日から年齢別により歳破、月破を除いた七大凶殺及び相生、相克、などのデータから、今日の最適な吉方位を求めています。ですので「吉方位なし」と表示される日もあります。

このページの先頭に戻る

Q18.今日行きたい場所が吉方位に取れない場合にどうしたら良いでしょう?

A.目的地が決まっていて、その場所で今日の吉方位の効果を出したい場合としてお答えします。

こういう場合は一度他の場所に移動して、その場所で一定の時間(30分〜1時間以上)を過ごし(飲食すればなお良好)てから吉方位=目的地に行けば方位効果を得ることができます。

例)行きたい場所が南西方角ですと一度西に動きその後南(目的地)に移動する。

このページの先頭に戻る

Q19.今日のラッキーナンバーが1〜9までしかありませんが・・・

A.九星気学では1〜9までの数字を用い0は存在しません。(九進法)

桁数が多い数でも各桁の数を単純に合計することによって一桁の数を得るようにし全ての数に対応することが可能です。
  10    1+0→1
  77    7+7 → 14 → 1+4 → 5
 256    2+5+6 → 13 → 1+3 → 4
1234   1+2+3+4 → 10 → 1+0 →1
このように一桁として扱ってください。

たとえば今日のラッキーナンバーが4の場合は4だけではなく以下のように複数存在します。
     4
    13
    22
    31
    40
    49
    58
    ・・
つまりラッキーナンバーに9を加えた数字が全てラッキーナンバーとなります。

このページの先頭に戻る

Q20.本命星に暗剣や破れがつくなど運気がかなり悪いときの吉方位への旅行や引越しは?

A.運の悪い人が最大吉方位に赴くと運気は好転します。

運気が悪い時には勘違いや手違い、判断ミスなどが起こりやすいですし、場合によっては自分がしっかりしていても巻き添えに会う事も否めません。吉方位であれば、それらの事象は星の意味合いによって良好な象意として欠けている部分を補ってくれる場合も多いものです。 ただし、ひとつ注意すべきことは自分の星が中宮(中央)に入っている場合は、吉方位に行っても中央の自分の星に引かれる事になりますので、年盤にご自分の星が中宮(中央)に入っている年は転居は控えた方が良いです。旅行に際してはとくに心配はありません。

このページの先頭に戻る

books

info

  1. 携帯からも利用できます
    1. 開運の方位学モバイル
  2. Geotargeting blog parts

ジオターゲティング
Establishment 2007 大安吉日 | Copyright © 2007 houigaku.net All rights reserved.