開運の方位学 Nine Star Ki Astrology

宛名・年賀状印刷ソフト「プリントマジック」無料配布中

幸運を呼ぶ吉方位

気学での良い方位とは良い本命星、月命星が良い相生関係になる星が廻っている方位を言います。
九種類の星はすでに紹介したようにそれぞれ五行の木・火・土・金・水のどれかに属しています。


良い方位の取り方

では具体的にあなたにとって良い方位を見つけましょう。
まず簡単に説明しますと例えば昭和55年生まれの人は「二黒土星」で土気の人昭和63年生まれの人は「三碧木星」で木気の人となります。五行の星にはそれぞれに相性があります。

五行の相性

表1
五行 よい相性の気
木気 水・火・木
火気 木・土・火
土気 火・金・土
金気 土・水・金
水気 金・木・水

右の表を見ると木気の人にとって良い相性の星は水・火・木となっています。このように五行の気にそれぞれ相性の良い気があり、これがわかると九星のそれぞれにどの星が良い相性かがわかります。つまり良い方位とは良い相性の星が廻っている方位を言います。

 

仲の良い気と仲の悪い気

►木・火・土・金・水の相性の良否
古代中国では五行思想といわれ五種である地気の構成要素の木・火・土・金・水の相性の良否で吉凶を占う方法は、東洋のあらゆる占術に取り入れられ相生・相剋・比和(和気)の原理があります。
なおここでは九星の五行関係の相生・相剋の理解が大切です。気学は年・月・日・時刻ごとに星が居宮を移る「動の運命学」ですから必ず道が開け開運ができるのです。良い関係【表1】参照

►相生
木→火→土→金→水の関係を「相生」と言いお互いに助け合うことで木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じることです。単純明快ですね。これらは漢方医学にも採用されていますが占いなどの方位学にも応用され大きな効果を上げているのです。親が子を生み子が孫を産む子々孫々まで限りなく栄える五行・五気の相互関係の融合を表す意味を持ちます。

悪い関係

►相剋
木→土、土→水、水→火、火→金、金→木の関係を「相剋」と言いお互いに傷つけ合う事で木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋します。

►比和(和気)
自分と同性の星を言います。木と木、火と火、土と土、金と金、水と水です。たがいに助け合う気です。


幸せを呼ぶ吉方位 九星の相性

次の3通りが良い方位になります。【表2】参照

表2  ※五黄土星は考え方が異なります。
本命 生気方(親星) 退気方(子星) 比気方(兄弟星)
一白水星 六白・七赤 三碧・四 なし
二黒土星 九紫 六白・七赤 八白
三碧木星 一白 九紫 四緑
四緑木星 一白 九紫 三碧
五黄土星 九紫 六白・七赤 二黒・八白
六白金星 二黒・八白 一白 七赤
七赤金星 二黒・八白 一白 六白
八白土星 九紫 六白・七赤 二黒
九紫火星 三碧・四緑 二黒・八白 なし


►生気方位
生気方位とは自分の星を生じてくれる星が廻った方位です。たとえば「木生火」の場合、火は木から生み出されるということで人からの助けや援助が得られます。

►退気方位
退気方位は自分から生じる星の廻った方位で自身が努力して成功に導かれる方位です。
「木生火」ですと木は火を生み出すので自分ががんばり運を開くという方位です。他人を助けて助けられるよい現象もあります。

►比気方位
比気方位は自分と五行が同性の星の廻った方位を言います。
なお一白水星の人と九紫火星の人は兄弟星が無い為にありません。互いに助け合うと言った良い現象が現れて来ます。

九星 開運方位となる九星
一白水星 三碧・四緑・六白・七赤
二黒土星 六白・七赤・八白・九紫
三碧木星 一白・四緑・九紫
四緑木星 一白・三碧・九紫
五黄土星 二黒・六白・七赤・八白・九紫
六白金星 一白・二黒・七赤・八白
七赤金星 一白・二黒・六白・八白
八白土星 六白・七赤・九紫
九紫火星 二黒・三碧・四緑・八白

右の表を見てお気づきのように開運方位となる九星欄に五黄土星はありません。
人との相性ならば五黄土星は土気ですから五行の相性の表で火・金・土とあるように九紫火星・六白金星・七赤金星・二黒土星・八白土星と自分と同じ星の五黄土星の人々と相性が良いということになりますが、この五黄土星が廻っている方位は五黄殺といい大凶方位です。
また自分の星が廻っている方位も本命殺や月命殺といい大凶方位です。なお削除すべき大凶方位はまだあります。詳しくは不幸を呼ぶ大凶方位をご覧下さい。

良い方位の見つけ方に注意することは世の中に良い出来事よりも、悪い出来事の方が多いのと同じで悪い方位を削除して最終的に残ったのが良い方位と言う判断になるのです。

さらに上記に吉方に三通りの紹介がなされていますが、例えば本命九紫 の人ですと「木生火」の関係で木が「親星」で火が「子星」になり、平成20年ならば三碧木星の回座している西方位や四緑木星が回座している北東方位は吉方位「親星」の関係にあたり良好を得るということになります。また「火生土」の関係で火が「親星」で土が「子星」になり九紫火星の「親星」に対し、二黒土星が回座している北西方位、八白土星が回座している東方位が「子星」の関係になり良好です。(五黄土星は別の考え方を取ります)


その他の特筆すべきケース

 平成19年の北方位は最強の吉神がズラリと並んでいます。
他の方位にも並んでいますがこの七赤方位を利用できる人は最高にラッキーです。歳徳・天道・太陽と年盤には記入があります。暦を持っている人は是非見てください。良い神様が在座する方位はとてもラッキーなのです。
平成20年の南方位は歳徳や月徳合が在座していますが五黄土星が回座しているため吉方位としては活用出来ません。
ここでは月盤にも多く表示されている天道(吉神)と凶殺方位に記載しなかったので太歳(凶神)について述べておきます。

►天道(吉神)・・・天道はすべての人にとても良い力を発揮します。
特に良い方位に天道があればダブルでラッキーパワーがもらえます。月盤に影響が大きい吉神です。方位を見る場合はこの吉神も見ておくと良い現象の現れ方ははんぱではありません。ただし悪い方位に天道があれば残念ですが。ちょっとだけ凶の意味合いが少なくなる程度で、やはり悪い方位には変わりありません。

►太歳 ・・・・・年盤で判断します。
平成20年は子年です。その歳の十二支が入った方位につきますから北に太歳があります。吉方位として利用できれば倍以上の効果が得られますし逆に悪い方位で用いますと倍以上の悪い現象が現れます。良い方位としての活用はさらに良くなり悪い方位としての活用はさらに悪いということになります。
その他に天道天徳や月徳などの吉神の事があります。

books

info

  1. 携帯からも利用できます
    1. 開運の方位学モバイル
  2. Geotargeting blog parts

ジオターゲティング
Establishment 2007 大安吉日 | Copyright © 2007 houigaku.net All rights reserved.