開運の方位学 Nine Star Ki Astrology

宛名・年賀状印刷ソフト「プリントマジック」無料配布中

不幸を呼ぶ大凶方位

世の中に良い出来事よりも、悪い出来事の方が多いのと同じで悪い方位はたくさんあります。
悪い方位を消去して最終的に残ったのが良い方位と言う判断になります。


九大凶殺方位

気学の基本は何と言っても良い方位をとり開運する学問です。「九大凶殺方位」は五黄殺・暗剣殺・本命殺・本命的殺・月命殺。月命敵殺・歳破・月破・日破を指します。

0歳〜7歳 小児殺方位
(保護者のデーター参照)
8歳〜25歳 月命で鑑定
26歳以上 本命で鑑定

なおこのサイトでは九大凶殺方位の中で年齢により本命ではなく月命で鑑定している場合があります。また日盤での情報で鑑定しています。
8歳以上12歳頃の方であれば、日命と月命
13歳〜50歳頃は本命と月命
50歳以降でも状況判断で本命と月命で吉方位を算出するのが本来のあり方ですが、詳細についてはこ こで学習していただければ幸いです

以下の1)〜5)の項目は全ての人に悪い方位となり6)〜9)は各個人で悪い方位です。表中の「小児殺方位」も凶殺で子供に悪い方位です。また今回は記載していませんが「定位対冲」も凶殺で全ての人に悪い方位です。

1) 五黄殺
五黄殺(ごおうさつ)とは本来「中宮」にある五黄土星が廻っている方位です。この方位に移転や旅行などをすると最も強烈な殺気が働きやることなすことがうまくいきません。長期に亘る病気が出たり時には一命を失うことがあったりと恐れられている方位です。中には五黄殺に移転して一時的に良好を得た人もいましたが4年後に破綻した例もあり、この方位は絶対に用いてはいけません腐敗、残虐、強奪、醜聞、絶望、自殺などの現象があり病気、貧乏など不幸が起こります。平成19年は東北に五黄土星が廻っており五黄殺になります。
全ての九星の人にも大凶の方位です。

2) 暗剣殺
暗剣殺(あんけんさつ)は五黄殺の反対の方向を言います。この方位も文字が示す如く暗闇から急に剣を切りつけられる様に大変悪い方位です。災難・失敗が起こるとされ五黄殺が自動的に災厄を生ずるのに比べて暗剣殺は他動的に災いを受ける方位です。中には本業以外の事に手を出し大きな損失があるなど、病気にも注意が必要です。平成19年は西南が暗剣殺です。
全ての九星の人にも大凶の方位です。

3) 歳破
歳破(さいは)と言うのはその年の十二支の正反対側にある支の方位を言います。
平成20年ですと子年ですから北の反対側で午の方位(南)に当たります。
この方位を犯しますと文字通り「破れる」の意味があり他人との交渉でトラブルがあったり商談などがあと一息までのところで最後に壊れたり、手術や怪我、交通事故などが起こりやすいと言われます。 どの九星の人にも大凶の方位です。

歳破・日破早見表

年/日
歳日
破破

西

西
西 西
西





4) 月破
月破(げっぱ)はその月の十二支の正反対側で歳破と同じ様な現象が起こります。例えば平成19年の5月は6日の立夏からが5月の暦となりますが月命乙巳八白土星の月で巳の反対側の亥にあたる北北西が月破にあたります。
全ての九星の人にも大凶の方位です。

月破早見表
一月(丑) 二月(寅) 三月(卯) 四月(辰) 五月(巳) 六月(午) 七月(未) 八月(申) 九月(酉) 十月(戌) 十一月(亥) 十二月(子)


西

西
西 西
西





5) 日破
日破(にっぱ)はその日の十二支が入る方位の正反対の方位が日破にあたります。
この方位を犯すと文字通り何事も破れるということになります。日盤ですからその日の予定がダメになったり、集金などで当て込んでいたことがダメだったり、思わぬアクシデントが起こったり、留守であったり遅刻するなど良いことがありません。必ず避けて通ることです。
全ての九星の人にも大凶の方位です。

6)本命殺
本命殺(ほんめいさつ)は自分の生まれ年が廻っている方位になります。例えば平成19年は二黒土星が中宮にあるため二黒土星の人は本命殺がありません。仮に九紫火星の人でしたら東に本命が回座しているので東が本命殺となります。本命殺の方位に移転などをしますと自分の勘違いで大きな損をしたり身体を壊したり病気にかかり易くなります。
例えば昭和42年8月30日生まれの人なら本命六白金星・月命八白土星で平成19年の年盤では南が本命殺です。

7) 本命的殺
本命的殺(ほんめいてきさつ)とは自分の星が廻っている反対の方位(本命殺の反対方向)を言います。例えば自分の本命星が南にあれば北が本命的殺です本命殺が肉体的に影響する方位で、本命的殺は非常に精神的に苦痛を味わう被害者の方位です。悩みや苦労、ストレスと言った形になり現れます。病気や怪我にも注意です。
例えば昭和45年10月10日生まれなら本命三碧木星・月命六白金星で平成19年の年盤では南東が本命的殺です。

8)月命殺
月命殺(げつめいさつ)は自分の生まれ月が廻っている方位になります。例えば平成19年2月(2月4日の立春以降)は二黒土星が中宮にあるため月命二黒土星の人は月命殺がありません。仮に月命九紫火星の人でしたら東に月命が回座しているので東が月命殺となります。月命殺の方位に移転などをしますと本命殺と同様に自分の勘違いで大きな損をしたり身体を壊したり病気にかかり易くなります。
例えば昭和54年6月28日生まれなら本命三碧木星・月命一白水星で平成19年の年盤では南東が月命殺です。

9) 月命的殺
月命的殺(げつめいてきさつ)とは自分の月命星が廻っている反対の方位(月命殺の反対)を言います。例えば自分の月命星が南にあれば北が月命的殺です本命的殺と同様に月命殺が肉体的に影響する方位で、月命的殺は非常に精神的に苦痛を味わう被害者の方位です。悩みや苦労、ストレスと言った形になり現れます。
例えば平成2年3月21日生まれなら本命一白水星・月命七赤金星で平成19年の年盤では南が月命的殺になります。

books

info

  1. 携帯からも利用できます
    1. 開運の方位学モバイル
  2. Geotargeting blog parts

ジオターゲティング
Establishment 2007 大安吉日 | Copyright © 2007 houigaku.net All rights reserved.