開運の方位学 Nine Star Ki Astrology

宛名・年賀状印刷ソフト「プリントマジック」無料配布中

予備知識

九星気学占いのポイント


河図と洛書と後天定位盤

河図►「河図」
「河図」は地球が太陽から分離して、一個の遊星となる順序を数によって表した といわれ非常に奥が深いのですが、数字配列を簡単に紹介します。

地球は北極を中心に固まり始たと考え、北に陽の始まりの「一」を起き、南に陰の始まりである「二」を配置し、自転・公転を開始したのは東からで東に「三」を配し 、ついで西に「四」を置き中央に「五」を置いて、ここに一応の完成を見ます。
八卦一から五までを基数中の基数としてこの五数の中には陽数(奇数)が三つ(一・三・五)陰数(偶数)が二つ(二・四)ありますからこれを「易」では「三天両地説」 と言い易の基(先天定位)になりました。

また六以上を「老数」とする。「一」の北方に「六」を「二」の南方に「七」を「三」の東方に「八」を「四」の西方に「九」を配し「五」の中央に「十」を集結してここで「修理個成」が成立します。これに五行(木・火・土・金・水)の五精の働きを組み合わせて作成されたのが十干であり陽を表す「兄」陰を表す「弟」で表現しています。

洛書►「洛書」
「洛書」は天地運行の順を数を持って示したもので太陽は東から西に向かって廻り、地球は西から東に向かって自転を続けています。「陽は左遷し陰は右遷す」 といわれ、天を陽とし地を陰とするため「三天・両地」の中央に座する陽の代表数「三」を東を示す左側に配置、基点の北の「一」 を掛け東に「三」を配置。この三に三を掛けて南に「九」を置き、九に三を掛けた「二十 七」の盈数を払えば「七」となって西に配置します。
また陽が極まれば陰に変化するため陽が極まった、南の正位「九」の右側の南西に陰の初数である「二」を配置。二に二を 掛け「四」は南東に、四に二を掛けた「八」は東北に「八」に二を掛けた「十六」の盈数を払い「六」は北西に配し、これに二を掛けた「十二」の盈数を払い「二」に戻ります。「五」は中央に 配置され、『洛書』が完成されました。太古の知識人らが大自然の運行に沿って動けば、国も平和で政治が正しく行われるという思想を反映された と言われます。これら洛書の数字の配置に、九星、易の八卦、天干(十干)、地支(十二支)をあてはめて作ったのが後天定位盤です。


天干と十二支

平成18年は暦では丙戌三碧の年廻りです。この丙は十干の一つで戌は十二支の一つです。
天干(天幹・十幹)の十に対して地支(十二支)を十二としています。
干支は中国では殷時代殷王国の殷虚卜辞にあり干と支結びついて日を数えるのに用いられています。なお生まれ年の干支は人の性質や運勢を現しています。

►天干(天幹・十幹)とは
天は木の幹を例え干は枝を例えます。十干は万物の成長過程を表しています。

►十二支とは
十二支は万物化成の順序を表し子は万物の生命を孳むの意味で「孳(じ)」の上部を略したものです。
一月の「丑」は土中で根のはる様が紐の様子に似たてて「紐」の糸へんを除いたもの。二月の「寅」は「演(のべる)」のさんずいを略したもの。三月の「卯」は芽生えの様の象形文字 といわれます。

四月の「辰」は万物が震いたつ「震」の雨冠を除いたもの。五月の「巳」は説が二つに別れ祭祀の月の「祀」の示す偏を除いた説と蛇の活動期になり巳の象形文字を引用した説がある。六月の「午」は暦の夏至から炎熱が「忤(さこ)」う時期でその立心偏を除いたもの です。

七月の「未」は味を楽しむ時期で「味」の口偏を略し八月の「申」は伸びるの「伸」の人偏を略したもの。九月の「酉」は「醸す」の偏を引用した酒甕の象形文字。十月の「戌」は万物の収斂の「滅」の一部を引用したもの です。
十一月の「亥」は冬篭りの時期に入り生命を「核」に納めるの意味で「核」から木偏を除いたもの。この様に十二支は季節と命の移り変わりを組み合わせて作った文字 なのです。天干と十二支にもそれぞれの意味合いはありますが、また次回の機会にしましょう。


吉方位の効果が出る時期とは

年盤・月盤・日盤で吉方位を利用して転居などをした場合、4日、7日、10日、に楽しいことが起こったり 、4ヶ月目、7ヶ月目10ヶ月目、11ヶ月目にうれしいニュースが飛び込んで来るなどが考えられます。
方位により現象が変化しますが、4年目、7年目、10年目、11年目などの数字に開運の時期が期待できるのです。縁談が起こったり、金運がついたり、子供が授かるなど 活用した方位の意味合いにより明るい状況が出てくるでしょう。

年盤、月盤、日盤を用いて遠方への旅行や長期旅行に関しても4ヶ月、7ヶ月、10ヶ月、11ヶ月目に良い変化が起こります。

毎日の吉方位に出かけている場合も同様に、出かけた先に楽しいことや思わぬラッキーなこと、感動することや気持ちの良いさわやかな気分で過ごせることが多いでしょう。


方位を取るときの注意

方位を取る時は良い方位であっても、たとえば東方位に移転し、また同年内にすぐ西方位にもどる。あるいは南方位に行き 、同年内に北方位にもどる。と言う対角方位の1年以内の行き来は、せっかくの吉方位転居であってもムダ骨になります。
数回の動きをしたいのであれば違う方位を選んで動きましょう。

また方位範囲でギリギリのラインの場合、かりに北西が吉方位として北西?西かも北かも?
といった曖昧さはダメです。必ず北西という場所を選んで取らなければいけません。
間違いなく吉方位という場所を選びましょう。

毎日の吉方位(200〜300メートルはほしいですね。)はたとえばせっかく散歩に出かけたのならその場所で30分〜40分はゆっくりしてください。公園などでは手を洗ったり軽くうがいをすると良いでしょう。また飲食店があれば入る事もなお良好です。

books

info

  1. 携帯からも利用できます
    1. 開運の方位学モバイル
  2. Geotargeting blog parts

ジオターゲティング
Establishment 2007 大安吉日 | Copyright © 2007 houigaku.net All rights reserved.